SEO対策の歴史|効果が高いコンテンツを作ろう!プロの映像制作におまかせ!

ノートPCを操作する手元

SEO対策の歴史

ノートPCを操作する手元

今では個人ですらwebサイトやブログを当たり前のように持つ時代になっています。ビジネスにおいては言うまでもありません。そんなwebサービスを展開させる上で今最も重要とされているのがSEO対策です。SEOとは検索エンジン最適化のことで、自分のwebサービスを検索結果の画面により上位に表示させることを指します。今では様々なアルゴリズムに基づいて順位が決定されていますが、実は検索エンジンが登場した当初はあいうえお順に表示されていました。またアルファベットの方が順位が上になるので「abc」をサイト名に使う人がとても多かったのです。今でこそアルゴリズムに基づいた対策が行われていますが、昔はもっと単純だったので、「あ」や「a」から始まるサイトはもしかしたらその時の名残であるかもしれません。

それでは、webサービスを展開させる上で重要となるSEO対策はこれからどう変化していくのでしょうか。ひとつ言えることは役に立つ情報が掲載されているwebサービスが上位表示されるようになってきている点です。検索エンジンを提供している会社もユーザーを意識した質の高いコンテンツを重視していることを明言しており、今後この傾向はますます強くなると考えられています。単に上位表示を狙っているだけのサイトはこれからは排除されていき、多くの価値を提供している、本当の意味で役に立っているサイトが生き残っていきます。今から考えれば「a」から始まるサイトが強かった、というのはあり得ないことですが、それだけSEO対策は難しくなっていると言えます。